Net Entertainment社(NetEnt:ネットエント)は、ビデオスロット『Funky Master』を開発しました。このゲームの舞台は、ディスコボールとベルボトムが流行った時代に設定されていて、シンボルとビジュアルは1970年代をそのまま忠実に再現しています。その時代を生きた人々は、過去を思い出して懐かしく感じるでしょうし、一方その時代を知らない人々は、1970年代のスワッグを知るきっかけになるでしょう。

このビデオスロットには、5つのリールと4つのペイラインが備わっていて、40通りの勝ち方があります。他にも、ワイルドシンボル、フリースピン、マルチプライヤーはすべてアクセス可能です。ちなみに『Funky Master』で遊びたいなら、Mac、Windows、Linuxからプレイできます。

テーマ

『Funky Master』のプレイ中、ベルボトムを履いてファンキーな楽しい踊りに参加すれば、大いに歓迎されるでしょう。カセットテープ、プラットフォームシューズ、クラシックカーなど、1970年代風のシンボルを見て、視覚的なインスパイアを受けながら、スピンをして勝利を目指します。ペイラインとコインバリューの組み合わせによっては、スピンがよりエキサイティングになります。スケートリンクでのスピンがこれほどまでに楽しいことはきっとないでしょう。

ゲームプレイはあくまでも、スタンダードなスロットマシンの遊びで、革新的なコンセプトとそれを引き立てるミュージックが特徴的です。1970年代ならではのシンボル、レタリング、3D画像などがたくさん登場し、明るくカラフルな雰囲気になっています。珍しいシンボルが次々とリール上に表示されるうえ、シームレスなゲームプレイを体験できるので、本当に面白いビデオスロットとなっています。

プレイと特徴

『Funky Master』は、ペイラインをカスタマイズすることができ、1プレイごとに最大40ペイラインまで使うことができます。賭け金のレベルは1~10まで変更可能で、バンクロール(資金)管理が簡単にできます。また、コインバリューを選択することもでき、これまたバンクロール管理に便利です。

賭け金を決めたら、緑色の[スピン]ボタンをクリックして、リールを回し始めましょう!この[スピン]ボタンを使ってリールを素早く停止させ、次のスピンに進むこともできます。設定されたコインバリューで40のペイラインすべてに最大額を賭けたい場合は、[ベットマックス]ボタンをクリックしてください。これにより、賭け金が即座に最適化され、最大賭け金でのスピンがスタートします。

さらに、オートプレイ機能をオンにすれば、最大100回まで自動的にリールを回転させ続けることができます。各ペイラインには1つのペイメントと1つのマルチプライヤーがありますが、賞金は各ペイラインの後にまとめられ、合計賞金額として計算されます。賭けるペイラインが多ければ多いほど、プレイヤーの利益は大きくなります。勝ちの組み合わせは、左→右の順に表示されます。支払われる賞金の詳細については、ゲーム画面上の[ペイテーブル]アイコンをクリックして、各アクティブペイラインの支払い予定をチェックしてみてください。

ボーナス

残念ながら『Funky Master』にはボーナスゲームはありませんが、ワイルドシンボルとスキャッターシンボルがあり、プレイヤーの利益向上に貢献してくれます。また、ゲーム内にはボーナスシンボルがあり、賞金をもっと増加してくれる可能性があります。特に、ワイルドシンボルは『Funky Master』の中でも興味深い機能で、他のシンボルの代わりにウィニングコンビネーションを形成するため、より楽しく、より多くの賞金を獲得することができます。ただし、スキャッターシンボルのみ、ワイルドシンボルとは置き換わることができません。リールにスキャッターシンボルが3つ以上表示されると、プレイヤーの獲得賞金は倍増されるので、スキャッターシンボルも十分有利に働いてくれます!